大家さん!あなは既に投資家です!


不動産の大家業というと安定の資産運用のような気もしますが・・

大家業は、それはそれは立派な投資家です。先祖代々の土地に賃貸物件を建てられた方はあまり、そのあたりにガツガツされない方もいらっしゃいますが間違いなく投資家です。

本日は投資という着眼で記事を書いてみたいと思います。私、栗田は7年ほど前よりアイザワ証券のSMAラップ口座を持っています。リーマンショックからその後の景気低迷期に「ショートポジション」いわゆる「信用の売り」の無い、買い方向のみラップ口座でしたが年あたりで損失を出した時も8%を超えることなくココまでサバイバルしました。恐らく大和のラップであればすでに50%減くらいだったと思います。

私たちがアイザワ証券という小さな証券会社を選んだ理由はズバリ!「ファンドマネージャーと相対が可能」だったからです。博打に対する考え方は極端に合わない
部分も実は存在しましたが・・まあ、それは置いておきましょう。先週、実はマネージャーと会ったのですがきっぱり「今年だめなら日本株はもうダメ」という理屈でした。サイクル理論を私はあまり信じませんが、何となくテクニカル的にはそんな感じもしなくないですね。

日経新聞を1000%信じない、日経に逆張りの私ですので「数年内に株価20000円」を記事にされた時はむしろ「そんな事をむしろ言わないで・・・」と叫びましたが(笑)株価が上がって給与を上げられるのは直接金融をしている上場企業だけのような気もしますが、景気はある程度「ノリ」ってものがあるので「景気が良いと言われれば景気はいいのでしょう(笑)」
002-640-01

さて、本業(私にとっても大家さんにとっても)の話に戻りますが、不動産経営をしていて景気が良くなるのは今の日本において本当に良いことでしょうか?デフレ脱却を目指すことはすなわち既に物件を所有されている方であれば、そのローンが上がる可能性があることを予定しています。では

<質問>
店子さんの家賃を景気が良くなったという理由で上げられますか?

無理でしょう。一部にはそういった物件もあるかもしれませんが少子化が進み、空室だって多いのに家賃を上げるなんて競争力を無くすだけ。でもローンがあがったら???

怖いですね~恐ろしいですね(淀川長治 風)

日本は既にデフレに慣れきっており、ここから実体経済でインフレ方向の生活に戻すことは難しいとおもいません??私は大家業だけでなく居住用不動産をローンで所有している方も景気が良くなればなるほど、厳しくなると考えています。そのなかで、空室を埋めていくには一工夫も、二工夫も必要だと思っています。

つづく。
経堂 千歳船橋 賃貸物件

パーマリンクをブックマーク