価値観が多様なのに既定の広告動線では不十分


12

不動産業界の広告は様々ですが・・・

 

私達の業界における広告の手法は驚く程画一的で旧態依然です。みなさんが想像できる範囲での広告しか不動産業界はありません。

・不動産ポータルサイト(suumoスーモ、homesホームズなど)
・店頭看板、現地看板
・チラシ(投げ込み、新聞、雑誌)
・不動産ホームページによる集客

上記にほとんどが集約されてしまいます。そこで、わくわく世田谷不動産は地域活性化からのエリアブランディングを主軸とした間接的な広告戦略を考えました。

つまり、千歳船橋に住みたい、世田谷に住みたいという需要から掘り下げて他業者や他社の物件をライバルにするのではなく他の地域をライバルにするという作戦です。これであれば地域の中では業種を問わず(仮に同業でも)協力体制を築くことができ、また地域も活性化しWINWINという訳です。

12

そして立ち上がったのが「ちとふなプランニング」という地域活性化法人。この千歳船橋発の企画会社に私栗田は参画し、より千歳船橋を、よりわくわく世田谷不動産を盛り上げようと思っています。

不動産会社の経営者が地域活性化専門の企画会社でアイデアを投下することで千歳船橋&世田谷全体の価値を上げていきます。結果的に不動産需要は伸びるのは自明の理!付帯して飲食店や地域の個人店も潤えばビジネスモデルとして最高だと考えます。不動産屋としてだけでなくエリアの企画立案者として今後もこの地域の不動産ニーズを高めていきます。

不動産屋 評判

パーマリンクをブックマーク