通常損耗部分も借主が負担する契約!?状況によっては無効になるかもしれませんね


不動産評判 クチコミ レビュー

通常損耗でのトラブルにあたった 匿名回答者さん  

今住んでいるマンションに越してくる前に住んでいたアパートを引っ越す際、敷金が全然戻ってきませんでした。

これはどうなんだろう?!と、インターネットで調べてみると、普通に使っていて出来た傷(家具を置いていて畳がへこんだ、畳が日焼けした)などは、こちらが支払う義務はないとの事です。

それを不動産会社にさっそく連絡すると、どうやらこのアパートを契約する時に、畳や壁紙などの交換にかかる費用やクリーニングにかかる費用は借主が負担する、と契約書に書かれたものにサインをしていたようでした。

アパートを借りる際、夫婦ともに知識が浅かった為、何も考えずにサインをしてしまった私たちのミスだったようです。

書類にサインをする際は、すべてに目を通し、疑問があるうちはサインはしてはいけないと痛感しました。

これからマンションやアパートを契約する方は、きちんと書類に目を通し、敷金を余計にとられないように、自分たちが負担すべきでないもの負担させられないように気をつけてほしいと思います。

 

 

■生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

003-640-01

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク