水道、電気などライフラインの共有検針のご契約には気をつけて!不動産トラブル事例集


今回集まったレビューの中には電気や水道の共有検針を採用している賃貸物件の一例も
不動産評判 クチコミ レビュー
今のマンションに越してきたときの事です。引っ越して間もない頃、一ヶ月目の電気の請求が来ました。1ヶ月のうちの半分はまだ住んでいなかったにも関わらず、一万2千円を超える料金の請求があり電気漏れしてるのではないかと家主に聞いたところ、知らないとの事で、電気屋さんに調べてもらったら、案の定電気がもれており、こちらが払うのもおかしいので、家主に折半してもらいました。

その後、今度は水道代が毎回毎回、定額で¥9.000払わされていることに気づき、家主に聞いたところ「うちは水道代を定額¥9.000いただいていることを不動産から聞いてませんか?」と言われました。不動産にも聞いてませんし、水もそんなに使ってないのに定額で¥9.000なんて高すぎてビックリして講義しましたが「マンション全体での料金割りなのでお水をどんだけ使ってもらっても¥9.000以上は取りませんので」と言われ、それでも納得がいかないので、前の家で払っていた水道料金の明細を見せ(以前はほとんど¥6.000ほどでした)、使っただけ払いたいのでと何回も交渉して、やっと了解してもらえましたが、おかしい事だらけで腹が立って仕方ありませんでした。

黙っていたらまんまと払わされていたのかと思うと悪質に思えますが、今もまだそのマンションに住んでいますが、家主がいい加減な性格と言うことが分かり、もう半分呆れながら住んでいます。

■共有メーターは珍しくありません~失敗しない為のアイデアが詰まった!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

003-640-01

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク