少額訴訟だと1日で終わります!敷金トラブルの事例です


不動産評判 クチコミ レビュー

<女性回答者Yさんの事例>

なんとなくよく耳にしていた敷金が戻ってこないというトラブルに巻き込まれました。

契約した際は、不動産屋をとおしてやりましたが、退去する際は自分で大家とかけあって話しを進めました。 退去後、敷金の清算書を受領した際に、返金額が0円となっていました。

理由は、壁に跡があったため、家中全体の壁紙をはりかえなければならないとのことでした。

もちろんそれには納得ができませんでしたので、大家に連絡を取るも電話も手紙を拒否をされました。

手紙は受け取り拒否で戻ってきました。その後、インターネットで自分で調べて勉強し、裁判を起こしました。

裁判の手紙も受け取り拒否をされ、最後の最後まで無視され続けました。結果、大家だと思っていた人の名前は、大家本人の名前ではないことが判明しました。

代理人として大家が裁判には、出席してきておりました。

業者さんなどを連れてきて、いろいろ言い訳をなんだかんだ言っていましたが、数分で裁判の決着はつき、勝利しました。全額返金ということで終わりました。

 

敷金問題も多数掲載中~失敗から学べる不動産口コミ専門サイトはコチラ

003-640-01

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク