住むならどんな条件?下北沢駅と駒澤大学駅の世田谷2大人気エリアにスポット!


下北沢と駒澤大学駅。この人気エリアにおいて、ペット可賃貸とデザイナーズ賃貸物件というこれまた2大人気カテゴリーでWEB意識調査を実施しました
不動産評判 クチコミ レビュー
質問事項は、、、
Q1下記で住むならどの組み合わせがいですか?
・下北沢のペット可賃貸
・駒沢大学駅のペット可賃貸
・下北沢のデザイナーズマンション
・駒沢大学駅のデザイナーズマンション

 

 

Q2その理由はなぜですか?

 

 

NO1
・女性
・下北沢のペット可賃貸
下北沢は若い人が多くてオシャレな街だと思います。前に吉本ばななの『もしもし下北沢』という小説を読んだことがあって、それに出てきた街の雰囲気がよかったのでずっと憧れています。手頃な価格で料理が食べられるレストランやカフェが多くあるみたいだし、オシャレな雑貨屋の広告もよっく目にします。そういうお店が集まっている地域なら、買い物だけじゃなくて食べる物や遊ぶ場所にも困らないんじゃないかなと思います。あとはライブハウスが有名ですね。私は昔からちょっとマイナーなバンドが好きなので、そういうところに通ってみたいです。そういう文化的な活動が身近にある場所に、愛猫とのんびり住みたいです。一人暮らしするにもよさそうだと思います。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO2
・男性
・下北沢のデザイナーズマンション
私が下北沢のデザイナーズマンションを選んだ理由は、今若者に絶大な人気がある街「下北沢」でオシャレなデザイナーズマンションに住むことがある種のステイタスになりつつあるのではないかなと思うからです。特に下北沢という街は、小田急線と京王井の頭線が交差している駅でもあり、それぞれ新宿や渋谷へのアクセスがとても便利な街であるというのは非常に魅力的だと感じるからです。そんな街で古いアパートではなくて、例えばトレンディードラマなどで使われているような、コンクリートが打ちっぱなしの無機質な空間を醸し出しているデザイナーズマンションに住むことは、人生においてとても幸福感を味わうことが出来るからです。だからもし私が東京で住む街の候補に挙げるならば、絶対に下北沢のデザイナーズマンションに住みたいと思います。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO3
・女性
・下北沢のデザイナーズマンション
先ず、下北沢か駒沢か。どちらも良いエリアで、特に駒沢周辺は緑の多さと、自由が丘や東急沿線へのアクセスの良さに惹かれますが、やはり何と言っても、エスニックレストランや小劇場や趣味の店など、小さく味のある店がごちゃごちゃと集まっている、下北沢の面白さには勝てないと思いました。もし、ペットを持っているのであれば、駒沢公園などペットの散歩の関係で駒沢を選ぶかもしれませんが、現在はペットを飼っていないので、その意味でも下北沢に軍配が上がります。そして、文化的にお洒落な街下北沢に住むのであれば、多少狭くとも、お洒落なデザインのマンションに住んでみたいです。その意味で、現在の私にとってもっとも魅力のある選択は、下北沢のデザイナーズマンションです。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO4
・女性
・駒沢のデザイナーズマンション
駒沢も下北沢も個人的には好きな街ですが、下北沢はやや賑やかな印象が強いため、住環境としては駒沢の方が落ち着いていていいと思います。単身者であれば下北沢も魅力的でしょうが、ファミリー向けの物件を求める世代であるため、どうしても静かな環境の方に軍配が上がります。東急田園都市線沿線で通勤などに便利そうであるという点もポイントが高いです。動物は好きですが、ペットを飼っていないため、あえてペット可のマンションを選ぶ必要性は感じません。むしろ、ペット可のマンションは匂いや鳴き声などによる騒音が気になるため、できれば避けたいと思います。せっかく住むのであれば、建物の外観や内部のデザインにある程度高級感がある物件を希望しますので、デザイナーズマンションであるという点は非常に理想的です。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO5
・女性
・下北沢のデザイナーズマンション
下北沢は、個人的に好きな街でもありカフェやおしゃれなお店が沢山あるのが魅力的です。さらにデザイナーズマンションは魅力的です。好きな街におしゃれな自宅があるなんて最高です。きっと休日も遠出せずに充実した日が過ごせそうだなぁと想像してしまいました。きっと、動物好きの方にはペット可も魅力的だと思うと思いますが、わたくしは動物を飼っていないので、デザイナーズマンションには勝てません。もし賃貸であれば、若者や学生が多い街なので住みたいと思われる人達が多いのではと思います。販売しているものであれば、子供のいないご夫婦が好まれそうな気がします。おしゃれな街におしゃれなデザイナーズマンションは、とてもマッチしていると感じたのでこちらを選ばせてもらいました。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO6
・女性
・下北沢のデザイナーズマンション
まず、私が駒沢でなく下北沢を選んだのは、駒沢には住んだことがあるからです。できれば違うおしゃれな町に住んでみたいと思っています。駒沢は、とても良い街ですが、駒沢大学の近くに住んでいたので、通学時間帯など学生が多くてうるさいのが少し気になりました。下北沢はとてもおしゃれなフッションの店がたくさんあるし、若い間に一度は住んでみたい街です。また、おしゃれな下北沢に住むのだったら、おしゃれな場所に住みたいのでデザイナーズマンションが良いです。ペットも飼ってみたいのですが、一人暮らしだと世話するのが難しく、外出している時にペットをほったらかしにできないので、飼うことができません。下北沢に住みたい若者はそういう人が多いのではと思います。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO7
・女性
・下北沢のデザイナーズマンション
まず、下北沢は渋谷にも新宿にもアクセスが良好という事。また、人気の街吉祥寺へも井の頭線で約20分。そして、スーパーや生活雑貨のお店が充実しているのはもちろんの事、古着屋さんや古本屋さん、骨董品のお店やおしゃれなカフェ、ライブハウスや小劇場など、街全体がおしゃれな雰囲気に包まれていて、大変魅力的だからです。そんな街のデザイナーズマンションに住めるなんて夢のような話です。都心に近いおしゃれな街でおしゃれな暮らしがしてみたい。誰もがそんな暮らしに憧れるはずです。私がもし下北沢のデザイナーズマンションに住んだら、下北沢の雰囲気に合わせてレトロヴィンテージの雰囲気を自宅にも取り入れたいなぁと思います。部屋で80年代の洋楽などを流しながら優雅な暮らしがしてみたいものです。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO8
・女性
・下北沢のペット可賃貸
物件を探すときの条件ですが、ペット(猫)のいない暮らしは考えられないため、「ペット可とデザイナーズマンション」の物件を比較するならば、ペット可の物件を優先するかと思います。そして、世田谷エリアの「下北沢と駒沢」どちらに住みたいかと言えば、買い物や交通の利便性などを含めて、じっくり検討してみると、やっぱり下北沢に魅力を感じてしまいます。ですので、「下北沢のペット可」の組み合わせを選んでみました。もし、私がペットはやっぱり犬派!ならば、駒沢公園が近くにあったり、散歩コースなどにもうれしい住環境を重視して、「駒沢のペット可」の組み合わせを選んでいるかもしれません。ただ、ペット可の物件数は、増えつつあるとは聞きますが、予算も含め条件や制限などもあり、なかなか希望の物件に出会うのは厳しいなと思います。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO9
・女性
・下北沢のデザイナーズマンション
よく雑誌でも紹介されていて憧れの街です。家賃も高いし住むにはほど遠い夢なのですが、おしゃれなカフェやショップもあるので遊ぶには困らないし、友人とランチなど行ってみたいお店もたくさんあります。下北沢のデザイナーズマンションなんて街並みに合うようにデザインもされているだろうし、有名な建築家が担当していたりしそう。一戸建てよりはるかにデザインのいい部屋に住めそう。駒沢もいいですがだんぜん下北沢の方がおしゃれ感は高いのでこちらを選びました。ペットは飼う予定もありませんし、デザイナーズマンションは憧れなのでだんぜんこちらです。ペット可のマンションも広いでしょうし、工夫もされているだろうとは思いますがペットを飼う予定はありませんので。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

 

 

NO10
・男性
・下北沢のペット可
ペットを飼っているのであれば、ペットが住めないのは問題なのでペット可優先します。また、デザイナーズマンションは一見華やかですが、流行によって良さも変わりますし、日々暮らすのであれば多少生活感のあるデザインのが落ち着くためです。その他にもペット可の方が住んでいる人が動物好きという事で多少ですが安心感があるのと、ペットを通じて近隣と交流もできそうな気もするからです。賃貸の場合ペット可では前に使っていた人の汚れや匂いが残っている場合もありますが、個人的にはペットを飼う以上仕方ない事だと思っているのでその点は余り重要視しません。駒沢より下北沢を選んだのは、どちらも生活感のある街ですが、駒沢の方が雑踏感が多い印象があったので下北沢を選びました。

生のレビュー!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

003-640-01

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク