事前の説明がどこまでなされていたかが気になりますね


不動産評判 クチコミ レビュー
10年ほど前に私の母が家を購入しようか本格的に考えた時期がありました。新聞広告でよさそうな物件を見かけたので早速販売業者に連絡して話を聞きに行くことに。物件はいわゆる売り建て物件で現在はまだ建物がありませn。土地を購入してから建物の請負契約を交わすといった内容でした。モデルハウスなどを見るとスタイリッシュな家ばかりだったので母は購入を決意し、契約書にサインをしました。

土地建物込みで3000万くらいだったと思います。しかしその後に母の心変わりでキャンセルすることになったのです。手付として100万払っていたのでもちろんその分は戻ってきません。そればかりか業者は違約金として20%分の要求をしてきたのです。そもそも我が家にはそんな大金がありませんで。そこで私は、そもそも建ってもいない建物分まで違約金を払うのが筋違いであること、契約の際に宅建主任者からの重要事項の説明がなかったことなど数々の向こうの不備を指摘しました。

すると最終的には向こうが折れて、手付払いのみで済みました。でも結局100万円は無駄にしてしまいましたので、今となっては思い出したくもない出来事です。

■あなたが失敗しない為の事例満載!不動産の口コミ専門サイトはコチラ

003-640-01

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク